日本語学校 参与観察の備忘録

実態を社会学的にみてみよう。

騒がしいクラス

落ち着きのないクラスは27人。元気がよい学生が5、6人おりクラスの雰囲気を元気にしている。時にはうるさく、時に引っ張ってくれることもある。 ただ、クラス全体に言えることは、集中力がとても短いうえ、熟考しないことだ。具体的には、問題をきちんと読ま…

授業報告が愚痴になる非常勤

日本語学校では常勤と非常勤講師のティームティーチングにより日本語教育が行われる。授業の様子などは報告書により行われる。授業をスケジュール通り終わらせてくれない、教師のこだわりにより一ヶ所に時間をかけすぎる等のトラブルは日常茶飯事である。 厄…

留学生をアルバイト雇用する会社

外国人を雇う場合、会社側が届出をしなくてはならないのだが、届出をしていない会社もあるらしい。そのため、留学生が1週間に28時間を超えて働いてもバレずに法律をすり抜けるものもあるという。 留学生を採用する会社の対応は様々だ。一から育てますと話す…

二年生のビザ更新とアルバイト

日本語学校の学生は最初の来日時に1年3ヶ月のビザを取得してくるので、6月はビザ更新の時期である。 今年から一ヶ月の収入と支出の内訳を書く書類やこれまでのアルバイト歴の変遷を書く書類が増えている。 法律で決められいる28時間を超えて働いている学生が…

新入生と二年生の学習態度の違い

来日して一年目の6月現在の一年生の学習態度と、来日して二年目の二年生の学習態度は大きく異なる。 一年生は、いい意味でうるさい。宿題を出さない学生や寝ている学生も2名ほどいるが、それ以外の学生は前に出て黒板に回答を書いたり、読んだりしている。私…

日本語学校と仲介業者の関係

日本語学校は仲介業者を通して留学生を受け入れている。仲介業者は、主にベトナムやネパール等の現地に拠点を構えている。日本語学校1校あたり20程度の仲介業者との取引がある。名刺交換や営業をした関係であれば、その倍くらいの繋がりがあるように見受けら…

先生を選んで態度を変える留学生

留学生になめられると、制御不能になるらしい。 制御不能とは、学生が授業中にトイレと言って長時間帰ってこない、授業中にトイレと立つ時に友達と行こうとする、友達と喋り話を聞かない、授業前に携帯電話を回収するのを嘘ついて隠し持って授業中にゲームを…

結核検査

初めて日本で長期滞在する外国人は結核検査をすることになっている。1日で見てもらえる人数が決まっているので留学生を連れて何度も訪れる。 南アジアではミャンマーが特に結核を持っている確率が高いらしく、毎回数名が引っかかる。x線検査で引っかった場合…

留学生の借金

日本語学校に留学する場合、学費や入学金の他、当面の生活費、留学手続きに関する手数料や書類費用等がかかる。その費用はざっくり200万くらいである。ネパールやベトナム、ミャンマー等から来る場合、銀行でお金を借りるケースと親戚中からかき集めて来るケ…

日本語学校の「しつけ」

留学生に対するしつけが2つある。一つは出席率、もう一つは生活指導である。出席率は90パーセントが当たり前、80パーセントを下回るとビザも下りないし専門学校、大学どこも取らないと指導する。授業は1分でも遅れたら遅刻となり15分遅刻すると欠課となる。…

外国人経営者と日本人経営者の違い

一重に日本語学校といっても日本人が経営する学校と外国人が経営する学校がある。細かな違いは不明だが、一点だけ明らかに異なる点がある。 それは専任講師の働き方だ。非常勤講師の先生方の話に頼るところが多いが、日本人経営の場合、サービス残業が多く求…

専任教師のノルマ 1人一つのアルバイト

日本語学校には新入生に対してアルバイトを紹介するという業務がある。アルバイト担当の教員がいる日本語学校もあるが、担任の教師が担当する場合もある。新入生には必ず一つのアルバイトを持たせることになっており、それを日本語学校のサービスとして現地…

新入生のアルバイト事情

日本語が出来ない留学生のアルバイトは非情な現実がある。 まずアルバイトには、言葉が上手な学生に割り当てられる仕事と、言葉が関係ない仕事がある。前者は大規模な飲食の裏方が多く、後者は店流通関係、コンビニ等の惣菜、駅弁の弁当を作る工場、地域で有…

日本語学校の「プロ」教師像の変化

日本語教師の質の低下が指摘されている昨今、そして私自身これから「プロ」を目指そうとする中で、何を目指して努力すべきなのか分からなくなる。 ある知見では、日本語教育に関する全般的な知識を有し、留学生の日本語習得を確実にできる人を指すだろう。 …

スリランカ人新入生の本音 現実を見てます

スリランカ人新入生は、自分の日本語が出来ないため仕事は選べないと現実を見ている。数少ないアルバイトの中で、妥協しながらも少しでも自分に合った仕事を探している。 ネパールの学生ほどに希望を主張せず、ベトナムの学生に多く見られる展望がない学生も…

ベトナム人新入生の本音 何も考えてない

ベトナム人新入生の場合、来日時の日本語能力とキャリアへの展望が比例している。日本語能力が高い場合、大学や大学院への進学意識という将来プランが明確であり、日本語能力が低いに連れて不明となる。不明というより、何も考えていないという表現が正しい…

ネパール人新入生の本音 勉強とアルバイトの両立をしたい

ネパール人新入生約40人のアルバイトのカウンセリングで気づいたことは、多くの学生が勉強とアルバイトの両立をしたいと考えていることである。両立とは勉強を中心としたバランスの取れた生活のこと。具体的には午前中は家でゆっくりして昼は日本語学校、そ…

非常勤講師の本当の時給

色んな広告を見ると、日本語教師は時給が高くて自由な働き方を求める人や、外国人留学生に日本語を教えるという主婦に人気の仕事とある。時給が高いには疑問がのこる。 時給は高い人で1コマ2500円くらい。2コマだと5000円。でも授業準備や採点で前後で合計2…

日本語学校の教務事務は教員の仕事

日本語学校には大学に当たり前にいる教務担当の事務職員がいない。学校運営、営業に関する事務はいるが、彼らは学校に関する管理や留学生の獲得、仲介業者とのやりとりが主たる仕事である。そのため入学までの管理には携わるが、在籍する学生の管理には関わ…

日本語学校での勤務

日本語学校に専任講師として働き始めた。外国人留学生の準備教育期間がどんなものなのか、色々噂は聞いていたものの実態を知りたくて働くことにしたが、日々がアクシデントと驚くことの毎日。